ニュース

高等学校就学支援金について

平成26年4月から「高等学校就学支援金」制度が変わります
◇新制度では、国公私立問わず、高校等の授業料の支援として「市町村民税所得割額」が30万4200円(年収910万円程度)未満世帯に「就学支援金」が年間11万8800円支給されます。本校では生徒の負担軽減のため、この制度を活用できるように対応していくこととしております。「就学支援金」を受け取るには、課税証明書等と申請書をご提出いただくことが必要です。なお「市町村民税所得割額」が30万円4200円以上の世帯では授業料をご負担いただくことになります。
 
◇「市町村民税所得割額」が基準に該当する私立高校生の世帯の方には、就学支援金の加算があります。(最大で年間29万7000円支給)
 
◇新制度は、平成26年度4月以降に入学する方が対象です。従って平成25年度までに高校等に在学されている方は、旧制度が適用されます。(最大で年間23万7000円支給)

 

就学支援金以外の給付が新設予定です
授業料以外の教育費の負担を軽減するため、低所得者を対象とした「高校生等奨学給付金」制度が創設されるもようです。都道府県の取り組みに対する国の補助事業となるため、都道府県によって制度内容が異なりますので、ご留意ください。

 

関連リンク

http://school.js88.com/sd_article/common/scholarship/jsc_top.htm